バッグ修理と持ち手

持ち手とはご存じハンドルやショルダーベルトの事です。買った当初は照りがあって美しい革製品も月日がたつとあちこち傷んできてしまうのは、自然の摂理ですから仕方ないのですが、お気に入りのものや思い出が染みこんでいるものは捨てる事もできずに、ごまかしながらかろうじて使っているという人も多いのではないでしょうか。

カジュアルな場所ならそれでも味があって良いのですが、フォーマルな場所ではかっこがつかない事も多いです。特にメンズバッグの多くがビジネスで主に使われていますから、人間性をも見られてしまう可能性があります。今時修理に出して使うなんて貧乏くさいと考える人はともかく、修理できるなら修理して末永く大事に使いたいという人は、最寄りのバッグ修理専門業者へ依頼してみてください。

想定外の仕上がりに感動する事請け合いですし、むしろもっと早くお願いするのだったと後悔さえするはずです。それほど修理業者の多くが高い技術力と革製品への深い知識を持っているという事です。メーカーへ持っていっても製品によっては修理不可とされてしまうか、高くついてしまう事が多い事を考えれば、バッグ修理のプロに任せた方が断然お得なのです。

レディスバッグにせよメンズバッグにせよ、傷みやすいのは持ち手周辺のパーツです。それは最も力が入りやすいからに他ならないのですが、製作する側もそのあたりはよく心得ていて、特に念入りに縫製しているはずなのですがさすがに月日には勝てません。革製品は見た目おしゃれでシンプルな中にも飽きない美しさと品があって、未だに世代を超えて大人気なのですが、ずっと長く美しい状態を維持したいなら、傷みが悪化しないうちにメンテナンスをしておいた方が経費も余計にかかりません。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket