未分類

専門業者vs自力修理

手先が器用でレザークラフトに多少でも関心のある人の中には、持ち手交換程度なら自分で作れると言う人もいます。ネット通販で持ち手や取っ手の裁縫材料が安く手に入る利点があり、実際に綿ロープやショルダーストラップまたはバッグクリップそして持ち手などが数100円という手軽な価格で陳列されています。

確かに持ち手交換をプロのバッグ修理専門店に依頼すると、1万円を超えるものもありますから修理依頼を躊躇してしまいたくなるのも無理はありません。職人ほど豊富な種類があるわけではなくショップサイトで見つける品物の中から、色や雰囲気が近そうなものを選ぶ事ができて便利です。カジュアルなバッグならこれで間に合いそうです。

これらのパーツも製作している職人がいるからあるわけですし、職人に依頼する時もお好みの色からの選択をするケースも増えています。ビジネスバッグならこれでもいけそうですが、フォーマルな場所使いのものとなると、はたと迷う人も多いのではないでしょうか。プロのバッグ修理専門店が作る持ち手は、依頼者のバッグにあうように個別に作成されたわけですから、必ずぴったりあうはずです。しかし、通販で見る持ち手はいわばどれでもあうように作られているわけですから、場合によってはイメージが違ってしまうものもあるはずですが、気に入らなくても返品が可能などうかを確認しておく必要があります。

大量生産されたものと違い1つ1つに対して丁寧に高い技術力を駆使して作成されていますから、品質・丈夫さなど素人目にはわからない微妙な違いを持っています。安さを選ぶか品質を選ぶかはそれぞれの価値観・考え方によるところが大きい部分です。

未分類

持ち手周辺の基本

持ち手周辺をよく観察してみると、持ち手のハンドルまたはショルダーそして根革および金具というように3つのパーツを保有しているのがわかります。金具はメッキが剥がれて汚くなったり壊れたりしますから、通常交換をします。さらに早く傷むのはやはり革の部分です。いずれも力が入る場所ですから他のパーツ以上に破損しやすいのです。

持ち手を見ると革と革を重ねて縫い合わせています。厚い生地を扱いますから特殊な専用のミシンを使います。年月がたてば糸がほつれてきますし、革が裂けてちぎれてくる事もあります。ほつれた程度で革そのものの損傷が小さいなら縫い直しですみますから、経費も予想よりも通常安く済むのですがちぎれていたり、ほつれが広がっていたりしているようなら、むしろ持ち手を新規製作および交換した方が安上がりになるケースが多いのです。

とはいえなかなかの良い値段ですからバッグ修理を躊躇してしまいます。同じものを購入するとしたらさらに経費はかかるでしょうし、断舎利できずに悩むようならバッグ修理専門店へ持っていった方が後悔も残りません。プロの専門職員はあらゆるブランドに精通していて何百種類という基礎生地を保有していますから、購入当時と変わらない状態に戻す事ができます

同色がない場合でもできる限り近い色を選んでくれますし、中には自分で好みの色を選ぶ事ができるサービスを提供している店舗もあります。メンズバッグも焼けたように変色している持ち手をそのまま我慢して使うよりも、思い切ってバッグ修理に出してみると愛着のあるバッグが思い出と共にこれからもずっと残ります。

未分類

バッグ修理と持ち手

持ち手とはご存じハンドルやショルダーベルトの事です。買った当初は照りがあって美しい革製品も月日がたつとあちこち傷んできてしまうのは、自然の摂理ですから仕方ないのですが、お気に入りのものや思い出が染みこんでいるものは捨てる事もできずに、ごまかしながらかろうじて使っているという人も多いのではないでしょうか。

カジュアルな場所ならそれでも味があって良いのですが、フォーマルな場所ではかっこがつかない事も多いです。特にメンズバッグの多くがビジネスで主に使われていますから、人間性をも見られてしまう可能性があります。今時修理に出して使うなんて貧乏くさいと考える人はともかく、修理できるなら修理して末永く大事に使いたいという人は、最寄りのバッグ修理専門業者へ依頼してみてください。

想定外の仕上がりに感動する事請け合いですし、むしろもっと早くお願いするのだったと後悔さえするはずです。それほど修理業者の多くが高い技術力と革製品への深い知識を持っているという事です。メーカーへ持っていっても製品によっては修理不可とされてしまうか、高くついてしまう事が多い事を考えれば、バッグ修理のプロに任せた方が断然お得なのです

レディスバッグにせよメンズバッグにせよ、傷みやすいのは持ち手周辺のパーツです。それは最も力が入りやすいからに他ならないのですが、製作する側もそのあたりはよく心得ていて、特に念入りに縫製しているはずなのですがさすがに月日には勝てません。革製品は見た目おしゃれでシンプルな中にも飽きない美しさと品があって、未だに世代を超えて大人気なのですが、ずっと長く美しい状態を維持したいなら、傷みが悪化しないうちにメンテナンスをしておいた方が経費も余計にかかりません。

参照HP〔靴専科