専門業者vs自力修理

手先が器用でレザークラフトに多少でも関心のある人の中には、持ち手交換程度なら自分で作れると言う人もいます。ネット通販で持ち手や取っ手の裁縫材料が安く手に入る利点があり、実際に綿ロープやショルダーストラップまたはバッグクリップそして持ち手などが数100円という手軽な価格で陳列されています。

確かに持ち手交換をプロのバッグ修理専門店に依頼すると、1万円を超えるものもありますから修理依頼を躊躇してしまいたくなるのも無理はありません。職人ほど豊富な種類があるわけではなくショップサイトで見つける品物の中から、色や雰囲気が近そうなものを選ぶ事ができて便利です。カジュアルなバッグならこれで間に合いそうです。

これらのパーツも製作している職人がいるからあるわけですし、職人に依頼する時もお好みの色からの選択をするケースも増えています。ビジネスバッグならこれでもいけそうですが、フォーマルな場所使いのものとなると、はたと迷う人も多いのではないでしょうか。プロのバッグ修理専門店が作る持ち手は、依頼者のバッグにあうように個別に作成されたわけですから、必ずぴったりあうはずですが、通販で見る持ち手はいわばどれでもあうように作られているわけですから、場合によってはイメージが違ってしまうものもあるはずですが、気に入らなくても返品が可能などうかを確認しておく必要があります。

大量生産されたものと違い1つ1つに対して丁寧に高い技術力を駆使して作成されていますから、品質・丈夫さなど素人目にはわからない微妙な違いを持っています。安さを選ぶか品質を選ぶかはそれぞれの価値観・考え方によるところが大きい部分です。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket